免許・資格

ボイラー整備士免許の取得について

1 受験資格

なし。

2 免許をうけることができる者

  • 次のいずれかに該当する者で、ボイラー整備士免許試験に合格したもの

    1. 一定規模以上のボイラー又は第一種圧力容器の整備の補助業務を6ヶ月以上経験した者
    2. 小規模ボイラー又は一定規模未満の第一種圧力容器の整備業務を6ヶ月以上経験した者
    3. 職業能力開発促進法による職業訓練の内ボイラー運転科を修了した者
    なお、ボイラー技士及び上記3に適合する者は、ボイラー及び圧力容器に関する知識の試験科目
    が免除されます。

3 試験科目とその範囲

学科試験
  1. ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識
  2. 整備作業に関する知識
  3. 整備作業に使用する機材、薬品などに関する知識
  4. 関係法令

試験に関する詳しい情報は、"(財)安全衛生技術試験協会"及び各"技術センター"にあります。
受験のための講習(実技講習、該当受験準備講習)については、当協会各支部("支部一覧")、または、"(社)日本ボイラ整備据付協会"にお尋ね下さい。



このページのトップへ