更新情報

厚生労働省より―工業製品等における石綿含有製品等の把握について

石綿等の製造、輸入、譲渡、提供及び使用については、平成18年9月1日に全面禁止されましたが、禁止日時点で機会に組み込まれていた石綿含む含有部品などは、引き続きの使用に限り禁止が除外されるため、現在も工業製品などに存在しています。

これらの部品を交換・廃棄などする際は、労働者の石綿ばく露防止措置を講じる必要がありますが、その部品に石綿が含有されていることが把握されておらず、適切な措置が講じられなかった事例が散見されていることから、厚生労働省ではこれら石綿の把握漏れ事例について取り纏めました。

紹介事例等につきましては、厚労省HP内のリーフレットをご参照ください。



このページのトップへ