更新情報

「ボイラー・圧力容器の地震対策の手引き」の補足資料をリニューアルしました。

日本は活断層がたくさんあり、地震の多い国です。いつ起きても不思議ではありません。地震が起きた際に慌てないために、また被害を最小限に食い止めるために、いま一度ボイラー等の耐震対策や地震後の復帰措置などを見直してみてはいかがでしょうか。

このたび補足資料をリニューアルしました。 

https://www.jbanet.or.jp/online_shop/products/detail.php?product_id=61

 また、当協会の地震対策委員会において、平成28年の熊本地震によるボイラー・圧力容器への影響に関するアンケート調査をまとめておりますので、ぜひご覧ください。

http://www.jbanet.or.jp/committee/earthquake/



このページのトップへ