メニュー
閉じる
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る

研究助成

ボイラー・圧力容器等研究助成

日本ボイラ協会では、ボイラー・圧力容器の安全、制御、管理、運用、省エネ及び地球環境保全の一層の推進に資するため、平成24年度からボイラー・圧力容器に関連した分野の調査・研究に対して助成を行っています。

採択課題と成果報告会

各年度の採択課題については、翌年度に「研究成果報告会」を開催し、研究の成果、ボイラー等を扱う現場のニーズなどを広く共有できるよう、報告者と参加された皆様の意見交換を行っています。

2018年度助成課題の成果報告会を、以下の日程にて開催いたしました。

  • 日時:2019年6月21日(金) 13:30~17:30(意見交換会含む)
  • 場所;当協会第1会議室(3F)
  • プログラム:こちらをご参照ください。
  • 発表概要:こちらをご参照ください。
  • 事前申込書:こちらの用紙に必要事項をご記入いただき、同申込書中に記載の宛先まで、E-mai又はFAXをお願いします。

皆様のご参加、誠にありがとうございました。

これまでの成果報告会の様子
これまでの成果報告会の様子

【参考】
これまでの助成課題一覧
採択課題の概要 (2019年)
採択課題の概要 (2018年)
採択課題の概要 (2017年)
採択課題の概要 (2016年)

2020年度研究助成課題の募集

2020年度の研究助成課題を、こちらの案内のとおり 募集いたします。
なお、詳細については、以下に記載しておりますので、どうぞご参照ください。
皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。

2020年度の助成対象分野/助成対象者/選考

  1. 研究助成の対象
    ボイラー、圧力容器及びその周辺機器の安全、制御、管理、運用、省エネ、環境負荷低減、燃焼等に関する分野の調査・研究。
    特に、「調査研究の趣旨及び中長期的方向について」に示す分野の調査・研究
    注 次の調査・研究も対象に含む。
    ・ボイラー・圧力容器を扱う現場に適用できる技術の開発
    ・ボイラー・圧力容器に関する規格・技術基準の策定・見直しに関する調査・研究
    ・ボイラー・圧力容器に係る技術者教育の改善に関する調査・研究
  2. 助成対象者
    大学、高専、国・公立研究機関、独法研究機関、民間企業等に所属し、常勤している個人あるいはグループ。
  3. 助成期間
    原則、1年以内。
  4. 選考
    当協会のボイラー・圧力容器等研究助成推進委員会において選考を行います。
  5. 申し込み方法等
    申し込み用書類、その記載上の注意点について本サイトの「研究助成要項」、「研究助成の手引き」を参照下さい。
  6. 問い合わせ先
    〒105-0004 東京都港区新橋 5-3-1
    一般社団法人 日本ボイラ協会 技術普及部
    TEL:03-5473-4510
    FAX:03-5473-4522
    E-Mail:ホームページの「お問い合わせフォーム(研究助成)」をご利用下さい。

2020年度研究助成(2019年度募集) – 助成要項および申請書類等

項目 PDF DOC(WORD)
研究助成要項 PDFファイル
研究助成の手引き PDFファイル
申請書 PDFファイル DOCファイル
申請課題の概要 PDFファイル DOCファイル
個人情報の取扱い同意書 PDFファイル DOCファイル