メニュー
閉じる
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る

研究助成

ボイラー・圧力容器等研究助成

日本ボイラ協会では、ボイラー・圧力容器の安全、制御、管理、運用、省エネ及び地球環境保全の一層の推進に資するため、平成24年度からボイラー・圧力容器に関連した分野の調査・研究に対して助成を行っています。

採択課題と成果報告会

【延期】2019年度・2020年度助成課題の成果報告会について

 2019年度、2020年度に助成した課題の成果の報告、参加された皆様との意見交換を通して、研究の成果、ボイラー等を扱う現場でのニーズなどの情報を広く共有するため、成果報告会を開催いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしています。

(以下、ご参考)

各年度の採択課題については、翌年度に「研究成果報告会」を開催し、研究の成果、ボイラー等を扱う現場のニーズなどを広く共有できるよう、報告者と参加された皆様の意見交換を行っています。

  • 日時:2021年7月28日(水)13:30~16:30
  • 場所:(一社)日本ボイラ協会 3階第1会議室(東京都港区新橋5-3-1 JBAビル)
  • 参加費:無料(一般参加者15名程度、申込順とし、現地定員を超える場合はZoomによるオンライン参加となります)
  • 参加申込み:当協会webサイト内の問合せフォーム(研究助成担当)に「成果報告会参加登録」と明記してお申込 みください。
    問い合わせフォーム:https://www.jbanet.or.jp/inquiry_faq/inquiry/form-stu/
  • プログラム:
    ○開会の挨拶 13:30~13:35

 ○研究助成成果報告(Ⅰ)13:35~14:35
座長 辻 裕一(東京電機大学教授) 
1.「結晶組織学的損傷発達挙動解析 機械学習システムの構築とそれによる余寿命予測*1」山崎 泰広(千葉大学)2.「炭素鋼の長時間クリープによる黒鉛化に関する研究*2」澤田 浩太(物質・材料研究機構)
3.「高温水素中のクリープ強度データの蓄積と水素による強度低下メカニズムの解明*2」久保田 祐信(九州大学)

○研究助成成果報告(Ⅱ)14:40~15:20
座長 川口  修(慶応義塾大学名誉教授) 
4.「燃焼ガス高速モニタリングを実現する光ファイバプローブ式レーザ分光ガスセンサの開発*1」西田 耕介(京都工芸繊維大学)
5.「複雑ネットワークと機械学習を組み合わせた燃焼振動の検知技術の開発*1」後藤田 浩(東京理科大学)

○研究助成成果報告(Ⅲ)15:25~16:25
座長 蓮沼 将太(青山学院大学) 
6.「広帯域電磁波を用いた熱交換器内金属配管の欠陥検出法*1」本島 邦行(群馬大学)
7.「多重化可能な光ファイバ超音波センシング技術を用いた高温実環境における損傷可視化技術の構築*2」于 豊銘(東京大学生産技術研究所)
8.「ニードルピーニングによる打痕形状のバラツキが疲労強度に及ぼす影響の解明*2」笛木 隆太郎(海上・港湾・航空技術研究所)

○閉会の挨拶 16:25~16:30

 ※敬称略、各報告とも報告時間15分、質疑5分
 ※*1:2019年度助成課題 *2:2020年度助成課題

成果報告会の様子

【参考】
これまでの助成課題一覧
採択課題の概要 (2019年)
採択課題の概要 (2018年)
採択課題の概要 (2017年)
採択課題の概要 (2016年)

2021年度研究助成課題の募集

2021年度の研究助成課題を、こちらの案内のとおり 募集いたします。
なお、詳細については、以下に記載しておりますので、どうぞご参照ください。
皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。

2021年度の助成対象分野/助成対象者/選考

  1. 研究助成の対象
    ボイラー、圧力容器及びその周辺機器の安全、制御、管理、運用、省エネ、環境負荷低減、燃焼等に関する分野の調査・研究。
    特に、「調査研究の趣旨及び中長期的方向について」に示す分野の調査・研究
    注 次の調査・研究も対象に含む。
    ・ボイラー・圧力容器を扱う現場に適用できる技術の開発
    ・ボイラー・圧力容器に関する規格・技術基準の策定・見直しに関する調査・研究
    ・ボイラー・圧力容器に係る技術者教育の改善に関する調査・研究
  2. 助成対象者
    大学、高専、国・公立研究機関、独法研究機関、民間企業等に所属し、常勤している個人あるいはグループ。
  3. 助成期間
    原則、1年以内。
  4. 選考
    当協会のボイラー・圧力容器等研究助成推進委員会において選考を行います。
  5. 申し込み方法等
    申し込み用書類、その記載上の注意点について本サイトの「研究助成要項」、「研究助成の手引き」を参照下さい。
  6. 問い合わせ先
    〒105-0004 東京都港区新橋 5-3-1
    一般社団法人 日本ボイラ協会 技術普及部
    TEL:03-5473-4510
    FAX:03-5473-4522
    E-Mail:ホームページの「お問い合わせフォーム(研究助成)」をご利用下さい。

2021年度研究助成(2020年度募集) – 助成要項および申請書類等

項目 PDF WORD
研究助成要項 PDFファイル
研究助成の手引き PDFファイル
申請書 PDFファイル DOCファイル
申請課題の概要 PDFファイル DOCファイル
個人情報の取扱い同意書 PDFファイル DOCファイル